ESTpISFp の相性診断結果
リラックスする関係

ESTp(サンプル1) と ISFp(サンプル2)
性格エレメント

ESTp ISFp
主要
ルールを作り、周囲を守る。
人の感情変化を敏感に感じる。
主要
物事の隠れた関連性を見抜く。
興奮や熱意を周囲に伝る。
苦手
物事の本質を明らかにする。
今後起こる事を予測する。
苦手
人の相性や力関係を感じる。
物事を分析して改善する。
補完
今後起こる事を予測する。
物事の本質を明らかにする。
補完
興奮や熱意を周囲に伝る。
物事の隠れた関連性を見抜く。
自制
人の感情変化を敏感に感じる。
ルールを作り、周囲を守る。
自制
物事を分析して改善する。
人の相性や力関係を感じる。
結びつきで起こる例
補完主要 が結びつくと魅力を感じます。
苦手主要 が結びつくとストレスを感じます。
スポンサーリンク

リラックスする関係 とは

二人の性格は互いに苦手な機能を干渉する事も無く、似ている部分も多いので、一緒にいると、とてもリラックスして快適であると感じます。

また自分の持っていない能力を相手から感じるため、安心感を持ちます。

リラックスできる環境では二人は全く問題ないのですが、何か共同で成し遂げなくてはならない状況では問題が発生します。

二人はとてもリラックスして居心地のよい環境を維持しようとする為、自然に不活発になる傾向があるのです。

外向的と内向的の為、互いの行動の理由や動機を理解しないので、相手が何かやろうとする事が役に立たなく見えてしまいます。

また互いに感情型で議論が苦手な関係では、意図や目的を一方的に批判してしまうかもしれません。

外向型が無理に内向型に意見を押し付けると、内向型はパートナーと距離を置こうとしますが、大抵の場合、それほど大きなすれ違いには発展せず短い期間で関係が修復されるでしょう。

そして、関係が修復すると二人の関係リラックスした関係に戻りまた愛情深くなります。
このような感情の波を繰り返すことが多いので、周囲の人間からしてみるととても不安定に見えますが、当人にとっては居心地の良い関係となるでしょう。
スポンサーリンク